審査が甘い?50万円以上の借入に必要な総量規制と所得証明書

お金を金融機関から借りようとすると、今の時代ほとんどの方はネットでいろんな情報を検索されるでしょう。個人でお金を借りることができる金融機関の代表として、銀行や消費者金融があげられます。

消費者金融はテレビCMなども数多く実施しているので、社名になじみが多い人も多いのではないでしょうか。消費者金融は「借りたい人にできるだけ貸し出しする」というのが基本の考え方なので、銀行のカードローンと比較すると審査基準が甘いと言われています。

ただ、審査基準が甘いから、いくらでも希望額を貸し出ししてくれる訳ではありません。当然申し込み時には審査が行われます。

50万円以上の借入に総量規制と所得証明書は必要

審査内容を基に融資金額が決定されるのですが、ここで必ず出てくる言葉に「総量規制」という言葉があります。総量規制とは貸金業法によって定められた法律で、年収の1/3までしか消費者金融は貸し出しができません。

例)年収600万の人がすでに200万(年収の3分の1額)の借金をしていたとしても、審査に通りさえすれば、銀行カードローンの上限まで借りることが可能です。

引用 総量規制超えても借りれるカードローン【年収の3分の1以上借りる】

osh

これは消費者金融各社の金利が高かった時代に、多重債務の人が非常に増え、返済ができなくなったために自殺するなど、社会問題としてとりあげられ定められた法律です。そのため50万円以上の借り入れを希望すると所得証明書の提出が絶対必要となります。

sdnod

しかし、年収の1/3までしかお金を借りることができないかというと、審査に通ればという前提はつきますが貸し出しを行ってくれるところはあります。それは銀行系のカードローンです。銀行は消費者金融と違って「貸したい人に貸す」というスタンスをもっているために、審査基準が消費者金融より厳しいですが、金利は低かったりとメリットはあります。

また、銀行系のカードローンは総量規制の対象外とされます。銀行は銀行業法に則ってサービスを提供しますので、貸金業法に定められている総量規制はあてはまらないためです。そのため例え借入希望金額が年収の1/3を超えていても、銀行が行う審査に通れば借りることが可能なのです。

総量規制とおまとめローン

また、他にも総量規制対象がとされているローンも複数あります。そのうちの1つはおまとめローンです。おまとめローンは、複数の借り入れを1つにまとめることで金利を下げることが目的のため、消費者に一方的に有利であるために総量規制対象外とされています。他にも総量規制対象外のローンとしては、医療費の貸付や住宅・リフォームローン、自動車ローンなどが含まれます。

Continue Reading

収入証明書と総量規制による借入のハードル

日々節約の工夫をして生活されている皆さんでも、どうしてもお金が足りないときがあるかもしれません。収入が減ったり、急な出費があったりと状況は様々ですが、実はご主人に内緒でカードローン・キャッシングも活用して家計を守る専業主婦の方が多いのをご存知ですか?専業主婦の方が借入れをしようとする際、ぶつかる壁が収入証明書と総量規制です。

借入の壁 収入証明書と総量規制

CICなどの信用情報機関で取引の状況を照会し審査されることはご存知かと思いますが、各業者での審査で必要とされることの多いものに収入証明書があります。

指定信用情報機関のCIC

貸す側として把握したいのが返済能力があるかどうか。まず収入状況を確認します。そのための提出ともいえますが、2006年に改正され2010年に施行された改正貸金業法により創設された総量規制のため収入を確認する必要が改めて出てきたのです。この総量規制というのは年収の3分の1以上の借入れができないというルールで、そもそもは無茶な借入れをして将来破綻しないよう、貸金業者側も歯止めをかけて消費者を守るために作られました。

osh

この点からいうとメリットのイメージが強いですが、実生活を送る専業主婦からするとご主人の収入に頼る専業主婦の方は、それまで内緒でやりくりしていたところ総量規制で審査に落ち、立ち行かなくなるという社会問題も起きました。全く主婦に手立てが無いわけではありません。この総量規制は貸金業者を対象にしているので銀行系カードローンに申し込めば年収に関わらず審査を通過できる可能性があるのです。

審査が甘い?50万円以上の借入に必要な総量規制と所得証明書

 

総量規制による審査落ちと信用情報

hsdou

それまでの方法でキャッシングできなくなるという驚きや焦りもあるかもしれませんが、総量規制のために審査に落ちてしまうと、その審査結果が信用情報として登録されてしまい、受かったかもしれない金融機関の審査に落ちてしまうことも連鎖的に起こりえますので、計画的に返済できそうかという点とともに、審査の基準がどういったものであるのかも考慮にいれて生活費の工面をされるのをおすすめします。

Continue Reading

専業主婦でも即日融資は受けられる?限度額は?

専業主婦でも即日融資を受けられるのでしょうか?多くのキャッシングやカードローンでは、専業主婦はかなり不利になります。

配偶者に安定した収入がないと借入できないことがほとんどです。さらに、家族には内緒で借入したい場合もあるかと思いますが、それはかなり難しいです。

なぜなら、配偶者の会社に在籍確認の電話があるからです。では、専業主婦は全く借入できないのでしょうか。会社によっては、一定以上の世帯収入があれば借入することができます。その場合には、収入証明は不要なことが多いです。ただし、専業主婦というだけで借入限度額は低くなってしまいます。

その点は仕方ないですね。ネットで申込み、手続きができる場合、最短で即日融資が受けられることも多いです。これは指定口座への振込時間なども多いに関係しますので、即日融資という言葉を鵜呑みにせず、手続きから融資を受けられるまでの流れとタイムスケジュールをしっかりと確認しましょう。しかし、なるべく早く融資が受けたいときなどには、まさに救世主となります。

専業主婦の借入限度額は低い?

hsoh

ただ、1つ気を付けるべきことは、金利です。専業主婦の場合はどうしても借入限度額が低くなるので、金利は高めになってしまいます。

返済する際には、できればまとまったお金で返済する方が、最終的に支払う金額は少なくなります。主婦は主婦でも、少しでも仕事をしていて、収入があると、審査の際に有利になります。借入限度額は収入によって変わるので、どちらが高いかは断言できません。

おまとめローンやビジネスローンは専業主婦の限度額は低い

また、おまとめローンやビジネスローンを利用する場合には、安定した収入がある配偶者がいても、専業主婦が借入すると借入限度額が低くなってしまうので、収入のある方がローンを組む方が賢明です。返済の仕方についてもよく確認しましょう。返済日が決まっている場合もありますし、前回の返済日から何日後というように、毎月変動する場合もあります。

借入する際には、近くに利用可能な提携ATMがあるかどうかも確認した方が良いでしょう。また、いくら借入限度額が設定されているからといって、借り過ぎには注意しましょう。ご利用は計画的に、というのは、借りる側の人がしっかりと肝に銘じておかなくてはなりません。専業主婦だから融資が受けられないと諦めずに、必要な場合には審査要件などを確認して、計画的にご利用ください。

Continue Reading