審査が甘い?50万円以上の借入に必要な総量規制と所得証明書

お金を金融機関から借りようとすると、今の時代ほとんどの方はネットでいろんな情報を検索されるでしょう。個人でお金を借りることができる金融機関の代表として、銀行や消費者金融があげられます。

消費者金融はテレビCMなども数多く実施しているので、社名になじみが多い人も多いのではないでしょうか。消費者金融は「借りたい人にできるだけ貸し出しする」というのが基本の考え方なので、銀行のカードローンと比較すると審査基準が甘いと言われています。

ただ、審査基準が甘いから、いくらでも希望額を貸し出ししてくれる訳ではありません。当然申し込み時には審査が行われます。

50万円以上の借入に総量規制と所得証明書は必要

審査内容を基に融資金額が決定されるのですが、ここで必ず出てくる言葉に「総量規制」という言葉があります。総量規制とは貸金業法によって定められた法律で、年収の1/3までしか消費者金融は貸し出しができません。

例)年収600万の人がすでに200万(年収の3分の1額)の借金をしていたとしても、審査に通りさえすれば、銀行カードローンの上限まで借りることが可能です。

引用 総量規制超えても借りれるカードローン【年収の3分の1以上借りる】

osh

これは消費者金融各社の金利が高かった時代に、多重債務の人が非常に増え、返済ができなくなったために自殺するなど、社会問題としてとりあげられ定められた法律です。そのため50万円以上の借り入れを希望すると所得証明書の提出が絶対必要となります。

sdnod

しかし、年収の1/3までしかお金を借りることができないかというと、審査に通ればという前提はつきますが貸し出しを行ってくれるところはあります。それは銀行系のカードローンです。銀行は消費者金融と違って「貸したい人に貸す」というスタンスをもっているために、審査基準が消費者金融より厳しいですが、金利は低かったりとメリットはあります。

また、銀行系のカードローンは総量規制の対象外とされます。銀行は銀行業法に則ってサービスを提供しますので、貸金業法に定められている総量規制はあてはまらないためです。そのため例え借入希望金額が年収の1/3を超えていても、銀行が行う審査に通れば借りることが可能なのです。

総量規制とおまとめローン

また、他にも総量規制対象がとされているローンも複数あります。そのうちの1つはおまとめローンです。おまとめローンは、複数の借り入れを1つにまとめることで金利を下げることが目的のため、消費者に一方的に有利であるために総量規制対象外とされています。他にも総量規制対象外のローンとしては、医療費の貸付や住宅・リフォームローン、自動車ローンなどが含まれます。

You may also like