収入証明書と総量規制による借入のハードル

日々節約の工夫をして生活されている皆さんでも、どうしてもお金が足りないときがあるかもしれません。収入が減ったり、急な出費があったりと状況は様々ですが、実はご主人に内緒でカードローン・キャッシングも活用して家計を守る専業主婦の方が多いのをご存知ですか?専業主婦の方が借入れをしようとする際、ぶつかる壁が収入証明書と総量規制です。

借入の壁 収入証明書と総量規制

CICなどの信用情報機関で取引の状況を照会し審査されることはご存知かと思いますが、各業者での審査で必要とされることの多いものに収入証明書があります。

指定信用情報機関のCIC

貸す側として把握したいのが返済能力があるかどうか。まず収入状況を確認します。そのための提出ともいえますが、2006年に改正され2010年に施行された改正貸金業法により創設された総量規制のため収入を確認する必要が改めて出てきたのです。この総量規制というのは年収の3分の1以上の借入れができないというルールで、そもそもは無茶な借入れをして将来破綻しないよう、貸金業者側も歯止めをかけて消費者を守るために作られました。

osh

この点からいうとメリットのイメージが強いですが、実生活を送る専業主婦からするとご主人の収入に頼る専業主婦の方は、それまで内緒でやりくりしていたところ総量規制で審査に落ち、立ち行かなくなるという社会問題も起きました。全く主婦に手立てが無いわけではありません。この総量規制は貸金業者を対象にしているので銀行系カードローンに申し込めば年収に関わらず審査を通過できる可能性があるのです。

審査が甘い?50万円以上の借入に必要な総量規制と所得証明書

 

総量規制による審査落ちと信用情報

hsdou

それまでの方法でキャッシングできなくなるという驚きや焦りもあるかもしれませんが、総量規制のために審査に落ちてしまうと、その審査結果が信用情報として登録されてしまい、受かったかもしれない金融機関の審査に落ちてしまうことも連鎖的に起こりえますので、計画的に返済できそうかという点とともに、審査の基準がどういったものであるのかも考慮にいれて生活費の工面をされるのをおすすめします。

You may also like